日本の現状

ホテルクーポン最前線

ナビクー

歴史

日本の現状

日本では、現在クーポンはどうなっているかというと、カタリナ型を中心に、徐々に生活のなかに浸透し始めています。クーポンを商材にした情報誌なども次々と発行されてきています。その代表的なものは本場アメリカ直輸入のグルーポンですよね。さらにポンパレ、一休マーケット、マップルといったクーポンサイトが続々出てきています。

公開と同時に瞬く間に会員を増やしていき、たった一ヶ月程度で200万人の顧客数を突破してしまうところも出てくるなど、日本も徐々にクーポン大国への道を歩みだしています。はじめはグルメから始まり、いまではホテルクーポン、タクシークーポン、飛行機クーポンなど、次々にクーポン業界へ参入する企業が増えてきています。

ただ、こうした割引セールは、すでに楽天市場やヤフーなどがネット上ですでに行っていて、クーポンは単にその流れに乗っかっているだけだという批判も少なくありません。

確かに一理はあるかもしれませんが、ただ、アメリカほどパソコンが大胆に全国に普及しているわけではなく、特に高齢者など、まだまだ紙媒体に頼る世代も圧倒的に多い事を思えば、現在のようは紙を媒体にしたクーポン券は、頭打ちになるどころか、ますます需要は伸びるのではないでしょうか。さらにクーポン提携企業がどんどん増えてくれば、自然淘汰も始まるでしょう。

少なくとも今年正月に発生した「おせち問題」を見る限りは、実際に手に取ることのない、ネットでのクーポン利用には大きなリスクが伴うのだという現実を、世の人々へ知らしめたということでは、大変意味の深い事件であったとも言えるのです。

スポンサードリンク