アメリカの現状

ホテルクーポン最前線

ナビクー

歴史

アメリカの現状

クーポン大国アメリカでのクーポン活用はますます激化しつつあるようです。庶民もそれを望んでいるので当然といえば当然ですが、某情報サイトでは、この様を「クーポン爆弾」と評していますが、まさにそのままというイメージです。

日本では考えられないのですが、クッキーの箱やサランラップの芯に「クーポン券」が印字されていたりとか、クーポン専門雑誌が勝手にDMで送られきたりとかいったことは日常茶飯事で、年間総発行部数は実に3000億枚という莫大な数字になります。

新聞にクーポン専用ページが刷り込まれているなんていうのも珍しくなく、クーポンが導入されているものは文具をはじめ、スポーツ道具、レストラン、サロン、エステ、さらには大学講義まで、ありとあらゆるものにクーポンはついてきています。

クーポンが経済に与える相乗効果の大きさを踏まえて、大学の講義にクーポンに関する内容が組み込まれていることも珍しくなく、国をあげて産業開発に積極的にクーポンを取り入れていこうとする動きが活発になってきています。これだけ生活の隅々にクーポンが浸透し根付いてきているということは、"飽きてくる"とは聞こえは悪いですが、物議をかもし出すことはないのでしょうか。

逆にクーポンが世にあふれ出すことによって、別の意味での差別化を生むような気がします。なんでもござれの動きから、"本物志向"へと庶民の動きが変わっていくであろうことは、歴史を振り返っても想像がつきます。クーポンの形もそれにともなって、少しずつ変化していくでしょうね。20年後が楽しみになってきました。

スポンサードリンク