ネット予約が安いわけ

ホテルクーポン最前線

ナビクー

クーポンて何もの?

ネット予約が安いわけ

東北大震災の影響を受けて、東北地方はもちろんの事、信州でもキャンセルが相次ぎ例年の半分以下に落ち込んだホテルや旅館、民宿が全国観光地帯に広がっているようです。地震はなんとか落ち着いているようですが、それでも「危険」という意識や見方が根強いのか、まだいくらも状況が好転しきれていない現実をテレビで見ています。

こういうときだからこそ、少しでも観光地ならではの魅力を発揮したい、もう一度リピーターに戻ってきて欲しいと思うのは当然でしょう。しかしかといって、仮に豆カード程度のクーポン券であっても、まとめて作りおきすれば、資金はバカにならないでしょう。

しかも実際どれくらいの人が手にとってくれるかも不明なのですから。前資金にある程度余裕がないと、なかなか難しいかもしれませんね。実際にスーパー店頭においてあるクーポン券の内容を見ると、旅館やホテルが比較的名前が通っている上に、周囲にある観光資源-植物園だとか遊園地だとか、また時として大物歌手のコンサートがタダもしくは割引価格で利用できるといったことが書いてあったりします。

これは無名で資金もあまりないという個人経営の民宿だとか、ホテル関連の施設の場合、資金的に苦しいかもしれませんね。だいたい得体の知れない無名の民宿には、よほどの事が無い限りクーポン使ってまで行こうとはおもわないかもしれませんね。

さらにインターネットで予約すると、なぜ安いかといえば、料金をうんと抑えた価格でサービスを提供するように上から圧力をかけられるからだと聞いています。なるほどクーポン券のメリットって、大手企業にとってのメリットなのですね。

スポンサードリンク