温泉街

ホテルクーポン最前線

ナビクー

クーポンサイト比較

温泉街

大手ランキングサイトでは、「旅館を選ぶポイントは?」ランキングで堂々1位の座を獲得したのは「値段の安さ」を飛び越えて「温泉の有無」でした。それくらい温泉が大好きという日本人はまだまだ多いということです。

確かに、何はなくとも温泉につかっているだけで贅沢な気分になれますよね。やはり日本人から温泉は切り離すことはできないのですよね。実は「ホテルを選ぶポイント」でも、温泉や浴場の有無は高い位置にはいっていました。

ちなみに楽天トラベルで、宿泊実績とユーザーのレビューから「人気温泉ランキング」というものを公開していました。これは2010年度7月~11月に集計されたものです。第1位は神奈川県の箱根温泉、第2位、和歌山県白浜温泉、第3位、静岡県熱海温泉、第4位、同じく静岡県伊東温泉、第5位、栃木県鬼怒川温泉となっています。

参考までに、2008年度は、別のランキングサイトでも、箱根温泉が人気ランキングのトップにランクインされています。最近温泉離れが進んでいるような報道がたびたびニュースで流れていますが、こうしてみると、まだまだ日本の温泉は捨てたものじゃないなと思いますね。

我国最大の人気クーポンサイトグルーポンでは、箱根湯元温泉での全施設が楽しめる一日パスポートが1300円で出品されていました。(現在終了済み)、クーポン専門の一休マーケットでも、一泊2日の夕食付の箱根の高級温泉宿が3割引で出品されています。

スポンサードリンク